2017年07月08日

5月の調理実習メニュ−

5.28(日) 糖尿病食調理実習

<メニュー>
春キャベツたっぷり焼きそば・トマトと新玉ねぎのマリネ・豆腐のとろとろスープ煮

★血糖値に一番影響するものは糖質(炭水化物)です!
主食である炭水化物を食べると、血糖値は上がりやすくなります。
炭水化物とは、ご飯・麺類・パン・芋類・粉物などです。
麺類を食べる時はご飯類やパン類などは食べない様にしましょう。
 (例)うどんとお寿司、そばとおにぎり、焼きそばパン、さつま芋入りパン、
    お好み焼きとご飯などの組み合わせは危険です
今回の春キャベツたっぷり焼きそばの様にキャベツ以外にたくさんの野菜を使用する事でバランスの良い食事となります。また、焼きそば1品だけで終わらすのではなく、他にも副菜を組み合わせる事で食事のバランスが偏らない様に工夫しましょう。
DSC08478.jpg
DSC08473.jpg
posted by マナビアン at 09:39| 行事・イベント | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

透析室親睦会

平成29年5月7日(日)毎年恒例の透析室親睦会を行いました。今年は新屋島水族館へ、患者様・ご家族様と一緒に行ってきました。晴天の中で見たイルカショ−が特に好評でした。また展望台では瓦投げを行い、楽しい時間を過ごすことができました。初めて参加された患者様からも「楽しかった。いい思い出ができた。」との声が聞かれました。
H29透析遠足.jpg
posted by マナビアン at 00:00| 行事・イベント | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

4月の調理実習 メニュ−紹介

4.2(日)透析食調理実習
<メニュー>
御飯・さわらの塩野菜あんかけ・アスパラとトマトの辛子和え・桃ねりきり

★「桃ねりきり」の作り方の説明を行います。
@白玉粉と砂糖(1人分2gづつ)、水(1人分5g)を鍋に入れ白玉粉を溶かし、火が通るまで練る。
火が通ったら白あん(1人分40g)を入れ、よく混ざるまで練る。
A餡ができたら、少量の水で溶いた食紅を一滴づつ入れて薄いピンクに染める。
BラップにAの餡をのせ、丸く包む。その後、手で丸め直して、先をとがらせ桃の形に整える。
つまようじや竹串などで真ん中に線を入れてできあがり。

色も見た目も「桃」で、春らしい和菓子なので、ぜひ皆さんも作ってみて下さい
DSC08400.jpg
DSC08401.jpg


〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜

4.23(日)糖尿病食調理実習
<メニュー>
散らし寿司・さわらの味噌焼き・若竹汁・桃のカルピスゼリー

★市販のお寿司には多くの塩分と糖分が含まれているので、お寿司は手作りをおすすめします。カロリー制限のためにも、酢飯の砂糖は低甘味料を利用しましょう。
低甘味料は、砂糖と同じ甘さでカロリーが90%カット、糖類ゼロの低カロリーの甘味料なので、甘さは十分感じられます。かなりのカロリーカットなので、ぜひおすすめします。
★桃のカルピスゼリーも砂糖は一切使用せず、黄桃缶のシロップとカルピス(原液)を粉寒天で固めました。砂糖を入れなくてもおいしく食べれるデザートがたくさんあるので、カロリー制限ができるところはなるべく制限していきましょう。
DSC08434.jpg
DSC08442.jpg
posted by マナビアン at 00:00| 行事・イベント | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

第4回慢性期リハビリテーション学会 

平成29年3月18・19日、パシフィコ横浜 会議センター(神奈川県横浜市)で開催された第4回慢性期リハビリテーション学会に参加してきました。慢性期リハビリテーション学会への参加は今回が初めてで、当院の理学療法士が“介護施設リハ”の枠で発表しました。慢性期であっても機能の向上がみられ、代替コミュニケーションを獲得できたのは、患者の可能性を諦めず、日々リハビリを提供できたからということを伝えることができました。とても良い経験になりました
リハ学会.jpg


posted by マナビアン at 00:00| 院外学会・発表会 | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

24時間テレビ 福祉車両贈呈

 昨年の10月に「24時間テレビ」福祉車両寄贈に申し込みを行っていましたが、昨年11月に24時間テレビチャリティ−委員会より贈呈決定通知を頂き、今日、福祉車両の目録をいただいてきました🚗
当法人も毎年チャリTシャツを着て、24時間テレビのキャンペ−ンに参加するなど募金活動を行っていますが、なんと今回、車椅子の方もらくらく移動できるスロープ付きの車両をいただけることになったのです。先程、西日本放送高松本社で開催された贈呈式にてピカピカの新車とご対面!街で見かけることはあっても、まさかまさか私達のところにやってきてくれるとは・・・。本当に皆様の絶え間ないご支援のおかげだと感謝感激しております。これからも利用者さまが地域の中で、家族や友人・仲間と一緒に、自分の望む自分らしい人生を楽しんでいただけるよう、微力ながら全力でサポートしていきます。本当にありがとうございました。大切に使わせていただきます
DSC03014.jpg


posted by マナビアン at 00:00| 日々是前進&ハッ信 | 更新情報をチェックする