2018年06月25日

6月の調理実習メニュ−

H30.6.24(日) 糖尿病食調理実習

<メニュー> 御飯・チキン南蛮・きのこと香味野菜のだし風味和え・みかん寒天

★きのこと香味野菜のだし風味和えの作り方をご紹介します!
  <1人分の分量>
・しいたけ 20g  ・えのき 30g  ・しめじ 20g  ・みょうが 5g  ・青しそ 1枚  ・顆粒だし 1g  ・水 10ml  ・酢 3g  ・みりん 3g

★作り方
@上記のきのこ類をすべて薄切にし、軽く茹でる。
A@の水気をしっかりと切った後、調味料と混ぜ合わす。
Bみょうが・青しそを千切にしたものを上から盛る。(Aに混ぜ合わせても良い)

薄味でもみょうがや青しそなどの香味野菜をうまく利用する事であっさりとおいしく食べられます。その他、生姜やにんにく・わさび・からしなども有効利用する事で、暑い夏を乗り切りましょう
posted by マナビアン at 11:28| 行事・イベント | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

5月の調理実習 メニュ−紹介

H30.5.27(日)糖尿病食調理実習

<メニュー>
豆御飯・豆腐とひじきのあんかけハンバーグ・アスパラのオイスターソース炒め・若竹汁

★今回は4品共に食物繊維を含んでいる食材を使用しました。
 <食物繊維の効能は・・・>
  ・便秘改善
  ・噛む回数を増やす
  ・消化管運動を活発にする
  ・食後の高血糖を抑える
  ・コレステロールの吸収を抑える

豆ごはんのえんどう豆やオイスターソース炒めのアスパラなどは旬の食材なので、余計な調味料を使用しなくても食材そのものが十分美味しいので薄味でも食べられました。
また、豆腐とひじきのあんかけハンバーグには生姜やみつば、アスパラのオイスターソース炒めにはにんにくや生姜、ごま油などの薬味や香辛料を利用しました。これらの香りを利用する事で味付けがうすくてもおいしく食べる事ができました。
皆さんも食物繊維の食材を積極的にとり、減塩でもおいしく食べれる料理を心がけて下さい(^^)v

posted by マナビアン at 00:00| 行事・イベント | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

4月の調理実習 メニュ−紹介

H30.4.1(日) 透析食調理実習

<メニュー>  
あんかけ焼きそば・アスパラとトマトの生姜和え・ぼたもち

★キャベツ、玉葱、人参、ピーマンなどの春野菜をふんだんに使って焼きそばを作りました。焼きそばは、ついついソースや塩、こしょうをたっぷりと入れてしまいがちですが、塩分を控えるために、今回はあんかけにしました。
 あんかけは、水に減塩醤油とみりん、鶏ガラスープの素を少し入れ、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけました。そして、最後にごま油を加え、香りづけをしました。
 ソースで味をつけたのとは違い、あっさりとして食べやすい味付けとなります。
 たまには食材の味を楽しみながら、あっさりと和風で焼きそばを食べるのも良いですよ♪ どうしても、ソース味で食べたい方は、ソースの分量を控え、後はこしょうで味を整え、最後にかつお節や桜えび、青のりやもみのり、ごまなどをふるとそれぞれの食材の風味が出て、減塩でもおいしく食べられます。


H30.4.22(日) 糖尿病食調理実習

<メニュー> 
御飯・たらとアスパラのアーモンド焼き・春キャベツと新玉ねぎのおかか和え・いちごムース

★1日3食の食事で、不足しがちな栄養素を補給できるおやつとして
 @良質な油やミネラルが多く、噛みごたえがあるナッツ類(1日10粒程度にしましょう)
 Aビタミン・食物繊維が豊富なフルーツ(食べ過ぎないようにしましょう)
 Bカルシウムが豊富なチーズ・ヨーグルト(チーズは1日30g、ヨーグルトは1日
  200g程度にしましょう)
今回は@のナッツ類を使用してメイン料理を作りました。アーモンドを細かくみじん切りにして魚にふりかけたのですが、他に、サラダや和え物、炒め物にも使えるのでぜひチャレンジしてみて下さい♪
また今回、いちごムースを作ったのですが、おやつを食べる時間帯としては、食事と食事の間ではなく、食事のすぐ後にデザートとして間食を取り入れると1日の血糖値の上昇を朝・昼・夕食の3回にし、それ以外の血糖値を下げる事ができます。ただし、夕食後や就寝前の間食は就寝中・翌朝まで高血糖が続いてしまいますので、控えましょう。
続きを読む
posted by マナビアン at 13:12| 行事・イベント | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

3月の調理実習 メニュ−紹介

H30.3.18(日)透析食調理実習

<メニュー>
ちらし寿司・菜の花とミニトマトの煮物・菱餅風ゼリー

★市販のお寿司には多くの塩分と糖分が含まれているので、お寿司は手作りをおすすめします。塩分を控えないといけない方は、塩を使用せず、砂糖と酢だけで酢飯を作ってみましょう。寿司飯に散らす具材(今回は酢れんこんと菜の花、芝エビ、卵)には味をつけても良いので、それぞれの具材の味付けを利用すると、酢飯は薄味でも十分おいしく食べられます。一度、お試しください♪
★菱餅風ゼリーはマシュマロを利用して作りました(^^)v
鍋にマシュマロと豆乳を加え、ヘラで加熱しマシュマロを溶かします。溶けたマシュマロを3等分に分け、@抹茶を入れて混ぜる(緑)A苺ジャムを入れる(赤)B何もいれない(白)@〜Bをそれぞれ冷やし固める。@〜Bのそれぞれの3色のゼリーを重ねると菱餅風のゼリーができます。
色とりどりのゼリーに仕上がり、それぞれ味も違って、見た目も味も楽しめます。
簡単ですのでぜひチャレンジしてみて下さい(^^)/
3月2.jpg
3月1.jpg
3月.jpg
〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜

H30.3.25(日)糖尿病食調理実習

<メニュー>
いなり寿司・ヘルシーロールキャベツ・菜の花のわさび醤油和え

★ヘルシーロールキャベツは、ミンチ肉を一切使用せず、肉の代わりに、絹ごし豆腐とツナ缶、長ネギ、生姜、すりごまを混ぜたたねをキャベツに包みます。それを醤油とみりんとだし汁で煮込みます。そして最後に、上から大根おろしをかけると完成です。
肉の代わりに豆腐を使用する事でかなりのカロリーダウンになります。また、あっさりした味付けになりそうですが、ツナ缶が入っているので十分おかずになる味付けになります。また、生姜やすりごまを入れる事によって風味も良くなり食べやすくなります。そして、ケチャップなどの洋風の味付けではなく、和風でしかも大根おろしで食べる事によって、かなりのカロリーダウンとあっさりと飽きがこない味付けになります。
良い事ばかりですので、ぜひおすすめしたい料理の1品です(^^)v
posted by マナビアン at 17:34| 行事・イベント | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

第12回まんのう健康・福祉まつり

平成30年3月17日(土)に開催された「第12回まんのう健康・福祉まつり」に永生病院と通所介護いこいの家、通所介護げんきの郷が参加しました。
ミニミニデイ体験のコーナーでは、管理栄養士から「塩分について」の説明を行い、理学療法士からは「簡単にできる体操」の紹介、歯科衛生士からは「口腔に関するクイズ」を出題しました。参加された方は熱心にメモを取ったり、「なるほど!」と話に相づちを打ったりと真剣に聞いて下さいました。
posted by マナビアン at 00:00| 行事・イベント | 更新情報をチェックする