2019年01月03日

ソフト食の紹介 〜おせち料理〜

当院では、お正月におせち料理やお餅などの行事食を提供しています。
しかし、おせち料理やお餅等は高齢の方にとって食べにくかったり、嚥下障害のある方には危険な食べ物だったりします。
当院ではどなたでも安全に食べられるようなソフト食を提供しています。
今回は、何品か提供したソフト食を紹介します。

黒豆.jpg
正月3種盛.jpg


大根もち〜人参ver〜.jpg






特に、やわら大根もちは好評です。箸やスプーンでも切れるくらい柔かく仕上げていますので、普段お餅を食べる事の出来ない患者様にも喜んでいただいています。家でも作成できるのでぜひ、作ってみてはいかがでしょうか。

材料
大根おろし
上新粉
大根おろし:上新粉=3:1
作り方
@大根おろしの水分をきる
A大根おろしと上新粉を混ぜて丸める
B蒸し器で15分蒸して完成

posted by マナビアン at 00:00| 日々是前進&ハッ信 | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

11月の調理実習 メニュー紹介

11.4(日)透析食調理実習         11.25(日)糖尿病食調理実習

<メニュー> ご飯・八宝菜・野菜たっぷり手作り餃子・ピリ辛ナムル

★野菜たっぷり手作り餃子の作り方の説明をご紹介します!
<1人分の分量>
・ひき肉   10g         ・塩      少々
・キャベツ  30g         ・にんにく   0.5g
・玉ねぎ   10g         ・生姜     0.5g
・しいたけ  5g         ・減塩醤油   1g
・にら    5g         ・サラダ油   3g
・餃子の皮  15g         ・ポン酢    5g

★作り方
@キャベツ、玉ねぎ、しいたけ、にらをみじん切りに切っておく。
A@の野菜に塩を入れて混ぜ、水気を出しておく。
BAの野菜の水気をよく絞り、ひき肉を加えた後、Aの調味料を入れて混ぜておく。
C餃子の皮にBの餃子の具(約20g)をのせて包んでおく。
Dフライパンに油をひいて、餃子を焼いていく。
(餃子に焼き目がついたら水を入れて蓋をして10分ほど焼く)
   ※お好みでポン酢、辛子醤油などをつけて食べましょう。

★ポイント
・透析をされている方は、野菜類に多くのカリウムを含んでいる為、みじん切りにした野菜を1度茹でた後、しっかりと水気を絞ってから餃子の皮に包みましょう。

・糖尿病の方は、高カロリーのひき肉を少なくして、野菜たっぷりのヘルシー餃子をおすすめします。野菜以外に血糖値を下げてくれるきのこ類を入れるとさらにヘルシーになり、食物繊維やビタミンがしっかりととれます。
CIMG3721.jpg
CIMG3731.jpg
CIMG3734.jpg
posted by マナビアン at 00:00| 行事・イベント | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

10月の調理実習 メニュー紹介

10.7(日)透析食調理実習         10.28(日)糖尿病食調理実習

<メニュー> 
牛肉ときのこの混ぜご飯・揚げ出し豆腐・カラフル野菜の辛子ポン酢和え・どら焼き風パンケーキ

★牛肉ときのこの混ぜご飯の作り方の説明をご紹介します!
  <1人分の分量>
  ・牛肉    10g         ・だしの素   1g
  ・まいたけ  10g         ・調理酒    3g
  ・えのき   10g         ・みりん    3g
  ・しいたけ  10g         ・砂糖     3g
  ・ささがきごぼう(水煮)5g    ・塩      0.5g
  ・人参    5g         ・減塩醤油   5g
  ・サラダ油  3g         ・すりごま   1g

 ★作り方
@牛肉、3種類のきのこ類、人参を食べやすい大きさに切っておく。
Aフライパンに油を熱し、牛肉を炒める。その後、残りの具材をすべて加えて炒める。
BAに調味料(だしの素〜すりごままですべて)を加えて混ぜ、汁気がなくなるまで煮る。
C炊き上がったご飯にBの具を混ぜ合わせる。
   ※お好みでCの上にねぎやグリンピース・青しそを飾る。

★ポイント
・透析をされている方は、きのこ類に多くのカリウムを含んでいる為、きのこ類を食べる時は、1度茹でた後、茹で汁を捨ててから調理するようにしましょう。
・糖尿病の方は、きのこ類に食物繊維が多く含まれている為、血糖値の上昇を抑制してくれる効果があります。その他、便秘改善や代謝アップ、ダイエットに効用できる栄養素がたっぷり含まれているので、おすすめの食材です
DSC00079.jpg
DSC00086.jpg
DSC00103.jpg
posted by マナビアン at 13:40| 行事・イベント | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

H30.9 月の調理実習メニュ−紹介

H30.9.2(日)透析食調理実習、 9.23(日)糖尿病食調理実習

<メニュー> 鮭のねぎだれ焼き・きのこの和風マリネ・とろろ汁

★とろろ汁の作り方をご紹介します!
  <1人分の分量>
  ・山芋    10g         ・だし汁   75g
  ・片栗粉    1g         ・薄口醤油   1g
  ・法蓮草    5g         ・塩     少々
  ・人参     5g

★作り方
@山芋は皮をむいてすりおろし、片栗粉を加えて混ぜ合わせる。
A法連草と人参は食べやすい長さに切る。
B鍋に人参と調味料を入れて中火にかけ、沸騰したら、法蓮草を入れる。
C人参に火が通ったら@の山芋を入れる。

★ポイント
・透析をされている方は、芋類は多くのカリウムを含んでいる為、量を控えましょう。また、芋を食べる時は、小さ目に切って1度茹でた後、茹で汁を捨ててから調理するようにしましょう。
・糖尿病の方は、さつま芋や里芋・山芋などの糖質を含む食品を取りすぎると血糖値が高くなるので食べすぎない様に気をつけましょう。
posted by マナビアン at 18:47| 院長ブログ | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

8月の調理実習

H30.8.5(日)透析食調理実習         
H30.8.26(日)糖尿病食調理実習

<メニュー> さばとれんこんの甘辛梅だれつくね ・南瓜とオクラのカレー炒め ・キャベツのマリネサラダ

南瓜とオクラのカレー炒めの作り方をご紹介します!
  <1人分の分量>
  ・南瓜    25g         ・塩こしょう   0.5g
  ・玉葱    30g         ・カレー粉(パウダー) 1g
  ・オクラ   20g         ・サラダ油     3g

 <作り方>
@南瓜、玉葱、オクラをそれぞれ食べやすい大きさに切る。
Aフライパンにサラダ油を熱し、3品の野菜を炒める。
B塩こしょうをし、油がなじんだら、カレー粉(パウダー)で味付けして完成。

ポイント
南瓜は火が通りにくい食材なので、太めに切った場合は、炒める前に電子レンジで温めてから炒めるとよいでしょう。電子レンジで温めるのが面倒であれば、最初から薄く切って炒めると火が通りやすくなります。南瓜以外に茄子やキャベツ・白菜など色々な野菜が活用できます。カレーパウダーも、野菜以外に肉や魚料理にも活用できるので、色々な用途に使用してみて下さい。
posted by マナビアン at 00:00| 行事・イベント | 更新情報をチェックする