2020年02月17日

うどんレクリエーション&歌謡ショー

令和2年2月17日(月)
通所介護いこいの家にて、演歌歌手 石井夕起子さん・千景さん親子の歌謡ショーとともに、中野うどん学校から来ていただいたボランティアさんと打ち込みうどんを作りました。いこいの家の利用者様の他にもグループホームこんぴらの入所者様やサンライズこんぴらの利用者様も来所され、一緒に楽しみました。石井夕起子さんの作詞作曲された「さぬきうどんゆさぶり音頭」に合わせて、利用者様がうどんの生地を一生懸命踏み、打ち込みうどんが茹で上がるまでの時間は石井夕起子さん・千景さん親子の歌を聞きました。出来上がった打ち込みうどんを全員で頂き、「昔のうどん作りが思い出せてよかった。」「うどんの歌がよかった。また来てほしい。」との感想が聞かれました。今後も利用者様に喜んで頂ける行事を企画していきたいと思います。
DSC02798.jpg
IMG_1690.jpg
posted by マナビアン at 00:00| 行事・イベント | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

11月の調理実習 メニュー紹介

11.3(日)透析食調理実習       11.24(日)糖尿病食調理実習

<メニュー>
さんまの混ぜ御飯・揚げ焼き豆腐のゆずあんかけ・茄子のごま和え・黄金団子

★黄金団子(1人分)
  ・さつま芋 30g
  ・パイナップル 10g

〜作り方〜   
 @さつま芋は皮をむき、乱切りにして水にさらし、柔らかくなるまで茹でておく。
 Aパイナップル缶は5mm角に刻む。
 B@のさつま芋を、ザルで水気を切り、熱いうちにつぶしておく。
 CBにAのパイナップルを混ぜて、ラップに包んで茶巾にする。

<透析食>は、カリウムを制限する必要があります。秋の食材の『さつま芋』にはこのカリウムがたくさん含まれています。さつま芋を使用する時は、生のさつま芋を細かく切って茹でましょう。茹で汁は必ず捨てる事がポイントです。茹で汁を捨てる事によって2/3のカリウムが流出するので安心して食べられます。
 
<糖尿病食>は、カロリーを制限する必要があります。『さつま芋』は糖質が含まれており、食べ過ぎると血糖値の上昇を高めます。さつま芋は食べ過ぎない様に注意しましょう。また、甘さが足りなくても、缶詰などのシロップの甘さを利用すると砂糖を使わなくて済むので糖質が制限でき、安心して食べられます。 
とても簡単に作れるので、ぜひお試し下さい
11-24.jpg
11-3.jpg
posted by マナビアン at 10:57| 院長ブログ | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

10月の調理実習 メニュー紹介

10.27(日)糖尿病食調理実習

<メニュー> 御飯・焼きさばのみぞれかけ・秋野菜の甘酢炒め・きのこの和風マリネ

☆きのこの和風マリネについてのアドバイス☆

 きのこの和風マリネ(1人分)
  ・しめじ 20g      減塩しょうゆ 3g
  ・えのき 15g      砂糖     2g
  ・玉葱  20g      おろし生姜  少々
  ・青しそ 1枚       酢      3g
  ・みょうが 3g

 
<糖尿病食>は、カロリー制限が必要となります。低カロリーで、おすすめなのが、きのこ類や海藻類などを使用した料理です。
今回おすすめの料理は<きのこの和風マリネ>です。
きのこ類に食物繊維が多く含まれている為、血糖値の上昇を抑制してくれる効果があります。その他、便秘改善や代謝アップ、ダイエットに効用できる栄養素がたっぷり含まれているので、おすすめの食材です♪
今回は、しめじとえのきだけの使用ですが、エリンギやまいたけ、しいたけなどを代用したり、追加してもOKです。
また、青しそやみょうが、おろし生姜などの香味野菜や薬味をうまく利用すると、あっさりとおいしく食べられます。ぜひお試し下さい
posted by マナビアン at 00:00| 行事・イベント | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

獅子舞い

令和1年10月5日と14日に、地元の獅子組の皆さんがおいでになり、獅子舞いを披露していただきました。
入院患者様や外来患者様、デイサービス利用者様などたくさんの方々が玄関前に集まり、始まる前から、「獅子舞いを見るの久しぶりや」「獅子舞い見られる機会やなかなかないわ」など楽しみにされていました。
獅子舞いが始まると、威勢の良い太鼓や鐘の音、勇壮な獅子、かわいらしい太鼓ぶちの演舞に皆さん目をキラキラさせながら大喜びでした。
お忙しい中、訪問してくださった獅子組の皆さん、ありがとうございました。
CIMG4129-thumbnail2[1].jpg
posted by マナビアン at 00:00| 行事・イベント | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

9月の調理実習 メニュー紹介

9.1(日)透析食調理実習       9.22(日)糖尿病食調理実習

<メニュー> 御飯・ミートボールのトマト煮・茄子とれんこんの甘酢炒め・さつま芋のサラダ

☆さつま芋のサラダについてのアドバイス☆

 さつま芋のサラダ(1人分)
  ・さつま芋 30g
  ・きゅうり 10g
  ・コーン   5g
  ・マヨネーズ 15g
  ・こしょう 少々

<透析食>は、カリウムを制限する必要があります。秋の食材の『さつま芋』にはこのカリウムがたくさん含まれています。
さつま芋を使用する時は、生のさつま芋を細かく切って茹でましょう。
茹でる事によって2/3のカリウムが流出するので安心して食べられます。
 
<糖尿病食>は、カロリーを制限する必要があります。『さつま芋』は糖質が含まれており、血糖値の上昇を高めます。
さつま芋は食べ過ぎない様に注意しましょう。
これから『さつま芋』がどんどん出回っておいしい季節になりますが、1日に中1個までに抑えましょう
posted by マナビアン at 00:00| 行事・イベント | 更新情報をチェックする